グルーピング 

たまには音ゲー議論みたいなことでもやってみますか。

201055445.jpg

僕は譜面サイトなんか見ても理解できない人種なので動画からのキャプチャで行ってみましょうか。
元譜面はパンゲアの簡単な方ですけどまぁそれはどうでもいいですね。本題は写ってる譜面の方ですし。
この右側の同色階段ですがDPやってたらよく見る形ですね。例えば……えーっとアレとかそれ。
1357531357……このように続くわけですが見た目以上(通り)に光らないし繋がらないんですよね。
その理由と考えられるものには普通の16分のようにタタタンと綺麗にリズムを刻めないことや、認識力不足で区切りがわからずテキトーに押しているなどが挙げられます。
前者の場合は手首頼りで各々の指の力が足りないと推測出来ますが指の力とかこんなもん何度もやるしかないので放っておきます。
では後者の場合はどうでしょう。認識力と言っても具体的にどうこういえませんが譜面を区切ってみることである程度簡略化して認識出来ると思います。
画像の譜面を見たときどの様に思いましたか。
135753の折り返し同色階段に見えましたか?逆くの字に見えた?ええ、どちらも正しいです。
しかし実際に動かしてみるとなかなか一定のリズムで刻めない、もしくは出来てもなんだかぎこちない感じになると思いますがどうでしょう。
それは単にこのパターンが長いからです。なのでこの同色折り返し階段というパターンをもっと簡略化して考えてみようではありませんか。
ちょっと見方を変えてただの同色階段というのはどうでしょう。135、753、135……というような。
135753という同色折り返し階段が綺麗に出来なくても135や753同色階段単品なら出来る方は多数いると思われます。
見え方は変わりますが降ってくるものは同じなので見えを変えたところでなにも変わらないだろうがって思うかもしれません。
短い2パターンで見る、長い1パターンで見る、はたまたそれ以外のパターンとして認識するなんてことも容易に考えられます。
ここで提示したかったのは今まで見てたものでもちょっと考えを変えれば別の見方ができるということです。
なんだよこれいみわかんねー!ってものでもゆっくり見ればああそういうことかって理解出来るかもしれません。
壁のシミやただの記号であるはずの「∵」が顔にだって見えるんですから。人間なんてそんなもんです。
とまぁここまで長々とご高説しときながらバッドマニアクスみたいな謎譜面はわたしにゃあ認識出来ませんがね!
あんなヤケクソ譜面パターン考える気もおきんわ!
キャプチャした動画は俺が上げたやつだし多分問題ないっしょ。
[ 2010/05/05 23:44 ] 音ゲー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keriblog.blog73.fc2.com/tb.php/1013-7cf2e5f6