スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北海道旅行という名の星空のメモリア・アストラエアの白き永遠 聖地巡礼 

いつか北海道行きたいなー寒くない時に。って話を友人としてて
ふと土日使えば行けるんじゃね?と思いルートを構築したら行けそうだったので行ってきました。いえい。

聖地巡礼ってタイトルに入れたのでこれから行ってみたいって人にも超優しいけれど
発売して一体何年経ってると思ってるのな今更仕様。
舞台探訪の方が個人的には好きだけど。検索に引っかかりやすくしていくスタイル
エロゲの舞台探訪まとめwikiとかないのかな。
今回の目的は土日を使って星空のメモリア・アストラエアの白き永遠の舞台へ行く!なのでその他の観光はほとんどしておりません。他に行きたい所なんてなかったs(ry

長くなるので札幌と小樽で分けるね。
日程は2014/11/15-16 天候は15 曇り 16 曇のち腫れ
前日に寒波が来ており札幌は19cmの積雪を記録。なんでや!寒くない時言ったやろ!
寒いの苦手なので既にクソゲー臭半端無い

簡単にルートを説明。
初日は札幌を中心に回る。アストラエアの白き永遠の舞台が中心。
ひと通りまわったら小樽へ移動。こちらは星空のメモリアの舞台だね。
小樽に到着する頃には日も暮れているがせっかくなので俺は夜の展望台を眺めに行くぜ。
翌日は小樽を回る。昼の展望台も行くからね。

そんな感じです。
先に注意しておくこととして星メモの舞台となった展望台は11/25~4/1まで車両通行止めになります。
その間はもちろん積雪で全く整備されていないようなので徒歩での移動は自己責任で。
詳しくは産業港湾部観光振興室にでも聞いて下さい。丁寧に教えてくれます。


とりあえず伊丹から新千歳へ飛行機を使い、札幌へ移動。
札幌へは40分って所。ちなみに新千歳-小樽で1700円くらいだよ。
10:00発くらいの飛行機を使ったので札幌到着は11:40分頃
コインロッカーは観光地仕様の500円……小さいのでこれだったと思う。

札幌駅前
IMG_4146.jpg     16.png
作中では月ヶ咲駅だったっけ。駅構内はそこそこ人がいましたが外は人がいません。寒いからでしょう。

ヴァル研
IMG_4154.jpg  19.png
札幌駅から数百m移動したところにあるアスティ45。多分これ。
そのまま市内を進んで時計台へ向かいます。

月ヶ咲時計台
IMG_4171.jpg  21.png
見てみて、杏璃。ここがあの有名なサッ○ロ時計台ですよ!
ガッカリ名所として有名だけど人は数人は常にいるって感じでした。


IMG_4410.jpg  24.png
作中の角度でも
時計台から大通りを通って路面電車の方へと向かっていきます。



月ヶ咲タワー
IMG_4224.jpg  17.png
月ヶ咲タワーであってたよね…?
大通り西4丁目あたりから。タワー自体はスカイツリーですが位置はここですね。
イルミネーションの準備をしておりタワー付近はごちゃごちゃしてました。
路面電車はすすきの発と西4丁目発がありますがすすきの発の方が帰りが札幌駅に近くなるのでいいかと。
まぁ乗るのもどっちからでもいいと思う。



旧市街-路面電車の駅
IMG_4204.jpg  23.png
駅は静修学園前、すすきの発、西4丁目行で降りるとちょうどこの位置で降りれます。
路面電車は11~16時頃ならおおむね7~9分に一本は来るのでここで降りても大したロスにはなりません。
路面電車の料金は一律160円だったと思います。今回は3回利用します。
同一方向の電車に再度乗り今度はロープウェイ前で降車。降りたら藻岩山麓通りを20分位登ります。
あまり登る人がいないのか積雪も平地に比べて結構あり足を取られます。あと山道対応な靴でも滑ります。ヤバイ!

伏見稲荷入り口
IMG_4208.jpg
道なりに登って行くとこんなのが左手に見えるのですぐに分かります。
階段ですが傾斜もあります。まだ登るのか…と感慨にふけれます。



星天宮
IMG_4216.jpg  22.png
雪だね。うん、雪。住宅地の中にあるのですがかなり静かでした。
戻りはきた道を戻ってもいいし、直線距離で近い西線16条駅でもお好みで。
後者だと坂道の途中で階段があるのでそれを利用するといいです。登りから西線16条で行くのは分かりにくいと思います。
札幌駅に戻ってくる頃にはだいたい3時間は経過しているので昼食はお早めに。
時間的には最初の札幌到着時点で食べておくのがいいかも…。
札幌駅で荷物を回収して小樽へ移動します。

続きます
(C) FAVORITE

小樽編
京都編
東京編
[ 2014/11/26 02:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

len

めちゃくちゃ久しぶりだなぁ・・・以前楽譜をいただいた者です。

実は私も小樽いってみたくて、アストラエアも遊んでみたくて、何もできなくて今に至ります・・・

アストラエアってどんなお話なんだろ?
聖地巡礼の続きとともに、いつかレビューしてほしいなー!
[ 2014/12/23 02:58 ] [ 編集 ]

小樽はいいとところですよ。星メモが好きなら一度は行っておいて損はないと思います。
アストラエアの白き永遠は家族愛をメインとした優しいお話なので、FAVORITEファンならぜひともプレイしてもらいたい作品の一つであります。特に今時期は冬ですし、迷っているならプレイするのがいいと思います。
拙い文章しか書けないので名無し以外でレビューすることはなさそうです(笑
[ 2015/01/01 21:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keriblog.blog73.fc2.com/tb.php/1195-6e42edb3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。