スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

はてさて 

凌辱系エロゲー、製造・販売禁止へ
ソフ倫よえええええええええ
ちょっと言われたくらいで屈するの早すぎw

ソフ倫脱退するメーカーも出てきそうですねえ。もしくは同人系列で存続させていくとかになりそう

さてここでなぜ販売中止をする必要があるのかということですよ。なぜなんでしょうね。
販売中止をするにはそれに関しての誰もが納得するソースが無いといけません。
今回の場合はどうでしょうか?
僕はこの記事しか見てないので詳細は分からないのですが正当な理由があったのでしょうか。

例えば陵辱ゲーをすると性犯罪率が上がるということが過去の統計データから判明した。だから販売禁止にする。
これなら被害者を出さないためにも禁止にするということにだいたいの人が納得をしますよね。
しかし実際はこんなデータあるはずもないし現実に日本の性犯罪率は今回いちゃもんをつけてきた国なんかよりもかなり低い水準を保っています。
陵辱ゲーと犯罪の因果関係は僕の知る限りではどこでも証明されてません。
では、いったいどんな理由でこのような経緯に至ったのでしょうか。
どこの誰かは知りませんが反対するならそれ相応の理由が必要とされます。
なのでどういう理由で販売中止を求めたのか知りたいですね。ふざけた理由だったらフルボッコ体操踊れ


はっきりいっちゃあ人の国にいちいち口出ししないで欲しいですよ。
あんたの国とは人種も文化も法律も違うんですから。
頭ごなしにお前らの文化はダメだ!といわれてもねえ、言われた側からしたらそっちの文化が変だよ!と思うのが常だし。
表現の自由というものがあるのに多文化を認めないあたり宗教戦争なんかをしたときから考え方が何も変わってないとも取れるなぁ。


と販売自主規制となりましたが個人的にはそんなに影響なさそうな気がする。
あまり予想が当たったことないんだけどね!
[ 2009/05/28 23:04 ] アレゲー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keriblog.blog73.fc2.com/tb.php/717-d009b253



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。